使用済みのトナーはどうするべきか

CATEGORY

MENU

CALENDAR

2017年12月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

トナーの処理方法

皆さんは会社で使用した後のトナーやインクカートリッジの処理はどのように行っていますか?プリンターを利用していれば、消耗品であるトナーやインクを交換しなければいけませんよね。そんな時、カートリッジの処理に困った経験がある方もいらっしゃるかもしれません。一見そのまま捨てても大丈夫そうに見えるトナーカートリッジやインクカートリッジですが、実はこの使用済みのカートリッジ達はそのまま一般ゴミに捨ててはいけないのです。
使用済みのカートリッジは一般ゴミではなく産業廃棄物に分類されており、処理する際は専門の業者に処理してもらわなければいけません。処理方法を間違えれば、粉塵爆発などを起こす危険性もありますので、処理方法は絶対に守らなくてはいけないのです。知らない人も多いのでもっと拡散するべきです。
現在はそのまま廃棄するのではなくリサイクルに回す業者も多く、業者に回収してもらった使用済みのカートリッジ達は、そのままリサイクルされて再利用されます。そのためリサイクルによって作られた再利用カートリッジは安価で購入することができるため、安く生産出来る業者側だけでなく、購入者側にもメリットが存在するのです。

トナーとドラム

家庭に置いているプリンターはカラー印刷をすることが多いため、一般的にはインクジェットプリンターと呼ばれているものが使われています。それとは別に、白黒でしか印刷できないレーザープリンターと呼ばれるものもあります。書類など白黒で大量に印刷するためのプリンターですが、このプリンターにはトナーと呼ばれるものがプリンター内にあります。印刷するための黒い粉がこのトナーの中に入っており、無くなるとトナーを購入して交換する必要があります。
またレーザープリンターには、トナーとは別にドラムと呼ばれるものがあるタイプのプリンターもあります。これは、トナーの中にある粉を印刷物に吹きつける役割があり、ドラムも一定期間で交換する必要があります。プリンターの種類によって、トナーとドラムが一体型のもあります。レーザープリンターは本体は安く売り、トナーで稼ぐと言われている通り、レーザープリンターはそういったトナーやドラムは価格が高いのが一般的です。
トナー1本でものにもよりますが、1万から3万するものが平均的です。トナー1本でそんなにもするのかと思うかも知れませんが、それがないことには印刷もできないので仕方ないかも知れませんね。