レーザープリンターとトナーの関係

CATEGORY

MENU

CALENDAR

2017年12月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

トナーとは何なのか

皆さんは、トナーという言葉をご存知でしょうか?会社などでよくレーザープリンターを使われている方はご存知かと思いますが、トナーというのは、このレーザープリンターを使用する際に必要になる原料で、中身はインクではなく、帯電性を持ったミクロサイズの色粒子の粉のような形状をしています。
皆さんはレーザープリンターで印刷した直後の用紙を触ったことはありますか?レーザープリンターで印刷された用紙をすぐに触ると少し熱を帯びていますよね。ではなぜ、用紙は少し熱を帯びているのでしょうか?
レーザープリンターでは、このトナーの中の粒子を紙に転写させて、その後に熱によって粒子を定着させる方法で印刷しています。そのため印刷された用紙は、若干の熱を帯びているのです。トナーにはモノクロだけではなく、カラーがついたトナーも存在しカラーレーザープリンターでは、シアン、マゼンタ、イエロー、ブラックの4色を組み合わせることで様々な色を表現しています。
トナーの良い点は他のプリンターに比べて印刷のスピードが早く、さらに用紙1枚に対する消費トナーが少なく、1つのトナーで多くの用紙を印刷することができるという点があります。

インクとトナーの違い

皆さんはトナーとインクの違いを知っていますか?パソコンが普及し、制作物や会議の資料などの印刷物が必要になっている現代社会において、オフィスには必ずと言っても良いほどプリンターがあると思います。私たちが普段利用するプリンターには大きく分けて2つの種類があり、レーザープリンターとインクジェットのプリンターが存在するのですが、このプリンターの明確な違いをご存知でしょうか?
レーザープリンターというのは、よくコンビニなどに置いてある大型のもので原料はトナーを呼ばれる、粉状のものを使用します。これを静電気により用紙に転写し、その後熱によって定着させることで印刷をします。そのため、印刷直後の印刷物には若干の熱が帯びています。インクジェットのプリンターに比べて印刷スピードが早く、印刷効率も良いのが特徴です。
そしてインクジェットプリンターは、レーザープリンターに比べると小型のものが多く、原料はインクを使用しており、このインクを用紙に直接噴きつけることで印刷をします。特徴としては、レーザープリンターに比べて印刷スピードは遅いですが、その分、様々な色を表現することが出来、高解像度の印刷物を出力することができます。